さわやか歯科クリニック
さわやか歯科クリニック
TOPページ スタッフ紹介 クリニック紹介 診察案内 治療費用 予約・アクセス
診察案内
Guide
インプラント
審美歯科
義歯
歯周治療
矯正
インプラント
皆さんは、大切な歯が抜けてしまったら、どのような治療を思い浮かべますか?
入れ歯やブリッジなど一般的な治療法に変わる最先端の治療法が『インプラント治療』です。
現在は、技術や材料の進歩により骨の量が充分でなくても、より理想的な位置にインプラントを埋入できるようになってきました。
詳細ページ

審美歯科
本来の歯科医療全てに審美的な視点が必要で、虫歯治療にも、歯周病治療にも、インプラントにも、
入れ歯や義歯にも、全ての治療の中に含まれていると考えるのが正しい審美治療だと考えます。
審美性は歯科治療にとって常に必要なことで、本来はどんな治療でも審美的な要素を無視するわけにはいかないのです。
詳細ページ

審美歯科
当院では、薄くて軽いチタンを用いた義歯や金属のバネを使わないフィット感の良好な義歯など、多種にわたる入れ歯をご用意しています。一人一人痛くなく、満足できるものが提供できるように心掛けています。お気軽にご相談ください。

審美歯科
歯周病とは?
歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕) と 歯周病 があります。むし歯は “歯そのもの" が破壊される病気 ですが、歯周病は “歯を支えるまわりの組織(歯周組織)" に起こる病気です。
自分で気がつかない軽い歯周病を含めると、40歳以上の成人のうち、5人に4人以上、なんと80%が歯周病にかかっているといわれ、痛みもなく静かに進行していきます。
歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病はどうして起こるの?
正常な歯と歯周組織(イメージ図)歯周組織は、歯肉(歯ぐき)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根(歯の根元)をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着、固定するための強固な構造を備えています。

しかし、 歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。 これが歯周病の始まりです。

歯周病が進行すると・・・?
進行する歯周病(イメージ図)初めは自覚症状がなく、鏡で見ても気がつきませんが、そのうち歯肉が赤くなったり腫れたりします。

プラークが石灰化し歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯肉が付着している部分にすき間(歯周ポケット)ができます。

さらに、炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなります。

この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。

歯周病の治療法は?
歯周病の治療は、比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料が使われることがあります。

審美歯科
最先端の技術で作られたブラケットを使用しますので、ゴムやワイヤーで縛る必要がありません。
ハイテクのワイヤーで歯が早く動き、調節の回数も少なくて済みます。
新しい治療アプローチによって、通常抜歯や苦痛を伴う装置を使用することなく、歯をきれいに並べると同時に顔の見栄えも良くします。

→

扉を開け閉めする独特なメカニズムによって、従来のブラケットのようにワイヤーを縛り付けることはありません。より早く快適に歯並びを治すことができます。

治療期間:14ヶ月、7回の通院
→
治療前
 
治療後

治療期間:16ヶ月、10回の通院
→
治療前
 
治療後

治療期間:16ヶ月、10回の通院
→
治療前
 
治療後

pagetop
Copyright(c) Sawayaka Dental Clinc. All right reserved.